海外留学・語学留学

ここでは、「海外留学・語学留学」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらく海外にいる場合、現地の銀行で口座を作成し、送金するという方法があるが、
余程の長期でない限り、これは難しい。

そうなると、国際キャッシュカード(デビットカード)を作成するのがお得であると思われる。
お得だと思われるデビットカードをいくつか紹介しておく。
銀行ごとに手数料、換算レート、年会費が異なるので、ここに注意して選ぶのがよいだろう。
フィリピンのATMでは、一度に引き出せる限度額は、10000ペソ。
ただ、海外で引き出す場合、海外ATM設置銀行独自の手数料が必要な場合があり、
フィリピンでは、PLUSマークの付いたATMで引き出すと、1回毎に200ペソ取られる。
また、10000ペソ以上必要な場合は、何回かに分けて引き出す必要があり、
その都度200ペソ取られる。
1日の限度額も銀行によって異なるので、その点に注意。


①楽天銀行
手数料:無料
換算レート:円換算レートは、VISA(国際提携組織)が定めたレートに2.94%(税込)を加えたもの。
年会費:1000円(ゴールドカードの場合、3000円)
デビットカード使い方については、こちらのページの下のほうを参照。

②りそな銀行
手数料:無料
換算レート:円換算レートは、VISA(国際提携組織)が定めたレートに2.5%(税込)を加えたもの。
年会費:1000円(初年度無料)

③新生銀行(国内のキャッシュカードと一体型)
手数料:無料
換算レート:円換算レートは、VISA(国際提携組織)が定めたレートに4%(税込)を加えたもの。
年会費:無料

④スルガ銀行
手数料:1回毎に210円
換算レート:円換算レートは、VISA(国際提携組織)が定めたレートに3%(税込)を加えたもの。
年会費:無料

⑤シティバンク(キャッシュカードと一体型)
手数料:2ドル
換算レート:提携機関が定めたレートで米ドルに換算した金額に、TTSレートに3%を乗じて円貨を算出。
年会費:無料(ただし、口座維持手数料がかかる場合があるので、こちらを参照

⑥Money T Global(JTBが提供)
手数料:1回毎に200円(残高照会に100円)
換算レート:円換算レートは、VISA(国際提携組織)が定めたレートに4%(税込)を加えたもの。
※VISAを選んだ場合。
年会費:1月毎に157円
カード発行手数料525円。会員の会員国内口座へ払戻す毎に525円。


りそな銀行が一番レートなど含めると、お得ですが、
私は楽天銀行口座をネット口座としても使用していたので、
利便性を考えて、楽天銀行のデビットカードを選びました。

↓ポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
おすすめ本一覧グッド!
スポンサーサイト
参考になる情報を見つけたので、覚え書き。

英文メールを書くときに使える定型表現・例文まとめ

ビジネスで使える英文メール・レター・手紙の書き方・サンプル文例集

この2つ目のサイトは詳細に書かれており、とても参考になります。

↓ポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
おすすめ本一覧グッド!
日本へ帰国する際の携帯利用方法を調べていました。

simフリーのスマートフォンや携帯電話を持っていない場合は、
携帯電話そのものをレンタルするしかありません。
その場合、かなり高いです。
1週間くらいなら多少高くても問題ないと思いますが、1ヶ月くらいとなるとそうもいきません。

1ヶ月くらい滞在する場合の手段を紹介します。

>>[一時帰国時の日本国内の携帯利用方法]の続きを読む
それぞれの具体的な金額・費用

①ワーキングホリデー

ワーキングホリデーは、基本的に先進国に限られる。

カナダやイギリス、オーストラリアなど。

プランは人ぞれぞれだ。

(例1)語学学校⇒アルバイト⇒旅やボランティア等⇒アルバイト⇒語学学校⇒帰国

(例2)語学学校⇒ビジネス専門学校⇒インターン複数⇒現地で就職

アルバイトは、やはり日本で学生がよくやるような飲食店などのアルバイトに限られる。

現地での就職は、ホストファミリーのコネクションなどがなければ、なかなか良いところに

就職することは出来ない。

ワーキングホリデーでかかる費用は、人ぞれぞれだ。

(例1)のように、アルバイトをかませてシェアハウスすればトータルでプラスになる人もいる。

(例2)では、プラスというわけにはいかない。

学校の費用、宿泊代、飲食代、旅行費、など自分のプランに合わせてそれぞれ計算しておいた方がいい。

分からない場合は、ワーホリを斡旋している企業にコーディネートしてもらえばいいだろう。



②語学留学

(例1)ワシントン大学付属集中英語コース
  
   10週間で、US$5,495=450,590円(※$1=82円計算)

   ※1クラス平均14名、上記の費用は、1週間に授業20時間、ホームステイの場合。

(例2)フィリピン大学付属語学学校

   12週間、宿泊代、3食込み、で、550,000円

   ※1日8時間、うちマンツーマンが4時間、1クラスも5,6人など。

欧米の語学学校を見ると、場所やコースでかなり費用が変動します。

個人的には、英語能力を上げることに集中したいならフィリピンがおすすめです。

マンツーマンをこれだけの時間やってくれるところは、他の国にはありません。

マンツーマンでは、無理矢理でも話さないといけないし、聞かないといけない環境になります。

1クラス15人くらいで、1日4,5時間では、かなり積極的に授業外で他の人と

交流して会話する機会を設けないと、大した能力向上にはならないと思われます。



③大学への留学

イギリスやシンガポールのMBAは1年間が主流です。

アメリカのMBAは、2年間が主流です。

MBAに限らず、欧米の上位校の大学へ行くためには、生活費を合わせると、

1年間に5,000,000円ほど必要で、かなり高額です。

ただ、上位校に行けば、世界中から集まる各国トップレベルの人材との

コネクションや交流を築くことができるということが、最大のメリットです。

シンガポールでも奨学金無しでは、欧米と同じくらいのお金が必要です。



にほんブログ村 海外生活ブログへ
おすすめ本一覧グッド!

海外留学・語学留学を手配してくれる会社を一覧にしてみました。

以前に紹介したところ以外にもたくさんあるんですね。

とりあえずしっかりしてそうな所を上に持ってきています。

・ICC国際交流委員会

・ラストリゾート

・ウィンテック留学センター

・ジェイスタートラベル

↓ポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
おすすめ本一覧グッド!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。