留学勉強時の電子辞書の活用について(出荷台数と金額推移資料付き)

ここでは、「留学勉強時の電子辞書の活用について(出荷台数と金額推移資料付き)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語を勉強していると、分からない単語はどうしても出てくる。
私が学生の頃は、よく紙の重い辞書を持ち歩き、使用していた。
今では、電子辞書を使う人も多いだろう。

留学するとなると、荷物の持ち運びにも配慮しなければならない。
紙の辞書を使っている学生は一人もいなかった。
単純に重くて不便なので、お勧めしない。

今ならスマートフォンのアプリで電子辞書を購入すべきだろう。
スマートフォンを活用すれば、わざわざ電子辞書を余計に買う必要が無くなる。
そして、荷物も一つ減る。
電子辞書なら2~3万円くらいするので、それを買うくらいなら
スマートフォンの最新のものを買って、アプリを買ったほうがいい。
アプリを買ったほうがいい理由は、ダウンロードできてオフラインでも検索できるからだ。
フィリピンは、wifiは日本より至る所にあるが、速度やアクセスに問題があり、スムーズには使えないため、ダウンロードタイプのアプリが良い。

今ならオーレックス辞典(英和・和英合わせて)がキャンペーン中により1500円で購入することが出来る。
ジーニアス(英和・和英合わせて)でも4800円で購入できる。
無料でもダウンロードできるアプリがあるが、発音記号が無かったり、例文が無かったり、
和英辞典も無かったりと本格的に勉強するには不足している機能が多すぎる。

気になって調べたのだが、
こんなふうに考える人が多いためか、電子辞書の出荷台数は落ちている。
出荷台数が落ちているということは、もちろん販売台数も落ちている。
確かに日本で電子辞書コーナーには人がほとんどいないなと思った。
これから更に急激に出荷台数も落ちていくだろう。

電子辞書の出荷台数と金額の推移はこちらの資料をどうぞ。

↓ポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
おすすめ本一覧グッド!
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://philippinesstudy.blog.fc2.com/tb.php/103-7c98416a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。