フィリピンの乗り物(ジプニーとトライシクル)は気をつけよう(危険回避)

ここでは、「フィリピンの乗り物(ジプニーとトライシクル)は気をつけよう(危険回避)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィリピン特有でよく利用される乗り物にジプニーとトライシクルがある。

ジプニー
ジプニー
色や柄も千差万別だ。
どこでも乗ることが出来てどこでも降りることが出来る。
決まったルートをそれぞれのジプニーは走っているのだが、
現地以外の人は、どこに向かって走っているのか分からないため、
ほとんど乗らない。

料金は8ペソ(16円)だったと思うが、安く庶民の乗り物だ。
先生達もよく使っている。
ただ、庶民の人もよく使うが故、事件に巻き込まれる可能性も高い。
そのため、私個人としては、基本的に使用しないことをお勧めする。
ジェトロからもあまり使用しないよう勧められている。

トライシクル
トライシクル
トライシクルはタクシーと違い、メーターがないため、
いつもドライバーと価格交渉することになる。
大体歩いて行けそうな所なら、20ペソくらいで行ってくれる。
トライシクルが2車線以上ある通りを走っているところはあまり見ないし、
遠くに行くのにはスピードも遅く、使う乗り物ではないと思われる。
ただ、近場に行くのには、料金も安く便利だ。
カゴのシートには、ギリギリ2人座ることが出来る。
そしてこの画像のタイプのトライシクルであれば、現地の人なら最大5人まで乗る。
カゴに3人、ドライバーの後ろに密着して2人だ。
私も5人で乗ったことがあるが、ドライバーの後ろだったため、
自分の足が横に飛び出ており、途中建物や車にぶつからないか不安だった。

そんなトライシクルだが、夜は乗らないことをお勧めしたい。
学校の近くで、最近現地で働いていた中国人の女性が深夜帰宅中に使用し、
強盗に遭い、殺害されたという情報を聞いたからだ。
そのとき女性が乗ったトライシクルは、途中で方向を変え、暗い道に行き、
女性はそこで強盗目的の男2人に襲われ、殺害されたらしい。

フィリピンは言うほどではないし、
ヨーロッパやアメリカ、南米ではフィリピンより危険な所も沢山ある。
ただ、こういった事件は度々起こっているので、危険な目に遭う確率を下げるために、
なるべく使用しないことをお勧めしたい。

↓ポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
おすすめ本一覧グッド!

スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://philippinesstudy.blog.fc2.com/tb.php/104-283f06d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。