フィリピンの高給取り職種

ここでは、「フィリピンの高給取り職種」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結論から言ってしまえば、日本と大して変わらない。

弁護士、医者、建築家、パイロットが高給取りのようだ。

弁護士は10年間学校やら何やらで勉強を続けなければならず、

続けるのが難しい、受験者が減り続けていると教えてもらった。

フィリピンの人口構成から見ても分かるように本当にまだまだこれからの国だ。

そのため、建築家が挙げられているのは、日本と違うところではないだろうか。

街では至る所で、新しいコンドミニアム、ショッピングモール、ビルが建築中で、

一帯が更地のところに次々と建物が建てられている所もある。


【英語について】

英語を話すことに対する苦手意識はかなり無くなってきた。

だが、このままのやり方ではこれから伸びない気がしている。

色々な分野の与えられたテキスト通りに勉強し、

先生と英語で会話しながら次々と進めていくという形でやってきた。

これによって、英語を話すことに対する苦手意識は無くなり、

以前より自然と知っている言葉が出てくるようになった。

またいくつか伝わりやすい言い方や頻繁に使われる単語を覚えることが出来た。

しかし、これからさらに成長するためには、

自分の苦手な部分や伸ばしたい部分を分析し、

先生にお願いしてアレンジしていく必要がある。

↓ポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
おすすめ本一覧グッド!
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://philippinesstudy.blog.fc2.com/tb.php/87-04d1d9a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。